简体 | 繁体 | English
 
課税についてのよくある質問

    A.とき支払銀行税の嗜好を宣言することになっている二国間租税優先賃金の利益を享受し国や地域に位置剤、及びその税務当局に申告しなければならない?それが宣言したが、自動的にそれを実行しないでです?
    など:それは、納税者が責任税務当局に宣言し、人に関連する文書を提出する一般的なルールです。宣言が承認された後、非居住者は、条約の好みを楽しむことができます。いいえ宣言あるいは全く批准は税務好みの楽しみにつながるんではないでしょう。宣言はまた、源泉徴収剤や納税者の委託を受け、他のエージェントによって前方に置くことができている。

   B.は関心が(Jan.1、2008年Dec.31まで、2008)は海外の支払銀行エージェントに送金されており、支払銀行エージェントはローカルな場所に税を支払った、利益が回復されなければならない2008年に発生したと仮定すると?それは二重の関心は海外の税務当局の後に私たちの国に戻って送金されることを条件なしに課税、それが支払銀行エージェントに戻りますか?
   企業所得税法に基づき、あなたの銀行は海外の支払銀行·エージェントに関心を払って法律に基づいて企業所得税を源泉徴収しなければならないように。責任ある税務当局は、徴税の法則によると、合法的に源泉徴収義務を履行しない源泉徴収義務者に無源泉税の3倍半分の罰金を科す、と企業所得税法、プレスによるものとし納税者への納税のために。私たちの国は、非居住納税者は同じ興味が二度課税されています見つけて、国と租税条約を行った場合、納税者は税金やに対処するための諮問手続きを申請する権利はないの税務当局に欠点を宣言することができます二重課税の問題。
 
   次のオプションのC.どれを支払い後支払者として税金の領収書(納付書)に充填されるべきか? (2)私たちの国での銀行(源泉徴収義務者)を支払うこと;(1)オフショア銀行エージェントを支払う(3)私たちの国(納税者)に源泉徴収を申請する企業。
   として:税金の領収書(支払証明書)内に充填された支払者は、非居住者企業所得税を保留1である場合には、委託支払者はここで満たされることになっています。この例では、私たちの国で支払銀行は正しい選択肢であるように見えたされている。
 
    国家税務総局によって印刷され、配布さ非居住者企業に対する企業所得税のDの投与のための暫定措置の通知の第三の記事によると、送信元ベースの源泉徴収は、それが企業のソース源泉徴収を実装することです中国からの配当および非居住者企業のボーナスだけでなく、関心、賃料や忠誠心と財産移転や他の益からの収益としてソースなどの持分利益の所得税。次に、「他の利益」の具体的内容は何ですか?関連する企業間の代入費用は、関連するトランザクションに属していますか? SAFEの[2008]64号における第四の記事に従って、出張、会議、商品上のコストが行い、課税証明書の項目を提出する必要はありません、私たちの国の中の機関や個人が撮影した展示。企業が決定し、非課税証明書および金額30,000ドル以上であるかに関係なく、のために税務当局に適用することなく、自分自身でそれらを支払うことはです?
    企業所得税法の実施に関する規則の第七の資料に記載されている第六項目に応じて、「その他の利益」とは、固定しなければならないとChina.Allで国務院の財政·税務部門によって定義される:ASトランザクションは、関連企業がどんなに特定の項目が何であるか、関連する取引に属していない間に発生した。関連企業がアイテムのような種類の非課税証明書を税務当局に適用する必要がないとそのため、代入費用は、関連する企業の間に発生し、所属に関係なく、お金の量が3万ドル以上ではありません。
版権所有2010 海南道庁、課税の国家行政@。版権所有
地址:NO.10北風海口市龙昆街海口市、海南省
ベスト決議:800*600、IE5.0以上