简体 | 繁体 | English
 
非居住者企業のための2009年の中国税金の規制

非居住者企業のための2009年の中国税金の規制
    課税の中国総局(SAT)は、ビジネスを行い、事業所や中国での事業所を有する非居住者企業の中国税法を発行しています。
    中国での非居住者企業のための税務登録およびファイリングは2008法人所得税の申告は2009年5月31日によって行われるべきである一方、2009年3月1日から開始するように設定されています。
    プロジェクトでその契約またはプロジェクトがファイナライズ後30日以内に位置している税務局に登録する必要があり、中国でのサービスを提供する非居住者企業による本サービスの契約プロジェクトと提供に関する税コレクションを管理する暫定行政措置、企業への土の法令19アンダー契約。プロジェクトが完了した後、企業はその後15日以内に再登録する必要があります。
    非居住者企業にプロジェクトをアウトソーシング地元企業や個人は、契約締結後30日以内に事務局への契約/サービス関連文書、非居住者企業の税務登録証明書とその他の関連書類を提出してください。
    契約内容が改訂されていることをイベントでは、非居住者企業は後10日以内に税務局への変更を報告する必要があります。また、企業はまた、それらの課金ステータスを報告し、請求を受けた日から30日以内に書類を提出する必要があります。
    税を源泉徴収する必要がある地元の企業や個人がプロジェクトが源泉徴収義務を開始してから30日以内に位置している税務局に登録する必要があります。税務局からの指示に応じて、非居住者企業は法人税、事業税と付加価値税の源泉徴収のエージェントである可能性があります。
    非居住者企業は四半期ごとに、毎年また、それらのプロジェクトを完了すると納税を決済することに加えて、両方の彼らの法人所得税を提出する必要があります。
非居住者企業が登録し、税務局が必要とする必要な書類を提出しない場合は、租税条約の優遇措置から除外されなければならない。
    BTや付加価値税課税対象活動として、ファイルとBTや付加価値税を自分で払う必要があり、中国で事業所を有する非居住者企業。ビジネスの場所がないとのそれらは彼らの源泉徴収義務者は、申告と支払いを完了する必要があります必要があります。
    非居住者企業や中国のアウトソーサーは、契約書に署名後30日以内に税務局に必要書類を提出しなければならない、またはそれらは非居住者企業のために、BTとVATをご遠慮ください。
    非居住者企業が時間通りに税金を支払うことができないという場合には、地方税局は、中国での非居住者企業が由来する他の収入に情報を収集し、他の所得の支払者から延滞税及び利子サーチャージを充電することを許可されているアイテム。
    最終決済と非居住者企業のためのCITの支払い、上の行政措置は6円形、施設や国の事業所を有する非居住者企業は、まだ彼らが作るかどうかにかかわらず、法人税の支払いに必要とされることを指示損失または利益。
その他の詳細は、次のとおりです:
    非居住者は年末の5カ月以内に税務局と完全な年次CITファイリングに毎年恒例のCITリターンを提出してください。
    年の途中で事業を停止し、非居住者企業は、終了から60日以内にCIT申告を完了する必要があります。
    次の基準が毎年恒例のファイリングを免除されている非居住者企業:
    中国の契約は一年未満持続し、年の途中で終了し、関連する税金が完全に解決されています。
    非居住者企業は、毎年恒例のファイリング期間中に登録解除の手続きが完了します。
     非居住者企業は、時間の年間申告を完了するのに失敗した場合、税務局はRMB2,000とRMB10,000間の価値がペナルティを請求する場合があります。この時間の間に、支払うべき年間の税金が確認され、会社が指定した期間内にこの金額を決済することをお勧めします。
   税務局によって承認された他の状況。
 

版権所有2010 海南道庁、課税の国家行政@。版権所有
地址:NO.10北風海口市龙昆街海口市、海南省
ベスト決議:800*600、IE5.0以上